(3日・洲本市アスパ五色=神戸新聞社後援)

 第5日は準決勝2試合が行われた。芦屋学園は神戸科技に2-1で逆転勝ちし、初めて決勝に進んだ。神戸弘陵は三田学園を2-0で下し、2年ぶりの頂点へ王手をかけた。

 芦屋学園は後半23分、CKのこぼれ球をFW樋口が押し込むと、同34分にはDF阿部が直接FKを決めて勝ち越した。神戸弘陵は前半15分、直接FKにDF中浜が合わせて先制。同39分にはショートパスで崩し、MF安達が追加点を挙げた。

 全国高校選手権(12月30日開幕)出場を懸けた決勝は8日午後1時から、神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸で行わ...    
[記事全文]