山形市の秋季消防演習が3日、同市見崎地区で行われ、火災防御訓練などを通して防火への士気を高めた。  消防職員や消防団員合わせて約220人、車両14台が参加。佐藤孝弘市長らの観閲を受けた後、分列行進...    
[記事全文]