車椅子バスケットボールチームの「ラッセル岩手」の選手ら10人は29日、一関市花泉町の花泉中(佐々木徹哉校長、生徒347人)を訪れた。全校生徒が講演を通して人の一生を大きく変える交通事故の怖さを胸に刻...    
<ノアドットで記事全文を読む>