【新ひだか】今月末で閉鎖となる新ひだか町静内東別の名門軽種馬牧場「トウショウ牧場」で、馬の引っ越し作業が進んでいる。26日は20頭ほどがそれぞれの引き取り先へ運ばれ、厩務(きゅうむ)員ら関係者から「覚悟はできていたが寂しい」との声が漏れた。

 同牧場は1965年、故藤田正明参議院議長が創設。76年に皐月(さつき)賞や有馬記念を制し「天馬」とも称されたトウショウボーイをはじめ「トウショウ」を冠する馬で競馬界を沸かせてきた。ただ、ここ数年は成績不振で、経営的に余力があるうちの閉鎖が決まった。

 閉鎖が公表された9月初旬時点で30頭ほどがいた馬は、ほぼ売却先が...    
[記事全文]