22日に行われたプロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)。1位指名を公言していた平沢大河内野手(仙台育英高)を抽選で外した東北楽天の1位はオコエ瑠偉外野手(東京・関東第一高)。潜在能力は間違いなくトップクラスです。
 私もオコエのプレーを甲子園で見てきましたが、他の選手にはないものを持っている、華のある選手です。そのスター性とプレーの躍動感で、外野が広いコボスタ宮城で輝いてくれるのではないでしょうか。
 東北楽天は今年、ドラフト指名7人中6人が野手でした。これほどまでに野手の指名の割合が高かった年はありません。2位で熊原健人投手(仙台大)を指名しなかったあたり、...    
[記事全文]