二十四、二十五日に仙台市で開かれた全国小学生フェンシング選手権大会で、岐南町東小学校六年の中出陽愛(なかでひより)さん(11)が、女子フルーレの小学五・六年生の部で優勝した。

 中出さんは「はしまモアフェンシングクラブ」(羽島市)に所属。二年前に出場した小学三・四年生の部を制した実力者だが、五年生で出場した昨年は八位に終わっただけに「悔しかったので、今回は絶対に優勝する」と決意して臨んだという。

 決勝は、二年前も決勝で戦った相手と対戦。時間内に決着がつかず、先にポイントを取ったほうが勝つ一本勝負に突入し、「とにかく気持ちだけだった」と接近した状態から相...    
[記事全文]