和歌山県で3日間行われた第15回全国障害者スポーツ大会(日本障がい者スポーツ協会など主催)最終日の26日、徳島県勢は陸上で金メダル1個を獲得した。今大会の県勢は金9個、銀4個、銅8個で、前回大会に並ぶ計21個のメダルを取る活躍を見せた。
 
 右脚に障害のある徳島市南庄町5の後藤美香さん(45)は、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場であった陸上ソフトボール投げ(脳原性まひ)で5メートル71センチを記録し、1位に輝いた。

 生後間もなく脳腫瘍を患い、約25年前に体力づくりをしようと陸上を始めた。競技時の気温は約16度と肌寒く、1投目は思うように投げら...    
[記事全文]