プロ野球ドラフト会議でソフトバンクから2位指名された日大三島高の小沢怜史投手が26日、三島市文教町の同校で球団スカウトのあいさつを受けた。小沢は「期待に応え、勝利に貢献できる投手になりたい」と闘志を新たにした。同校の川口剛監督らが同席した。
 宮田善久アマスカウトチーフ補佐と東海・北陸担当の山崎賢一スカウトが、若手育成に重きを置いた球団独自の3軍制度の仕組みなどについて説明。「次世代のホープ」としてまずは3軍で実戦経験を積ませながら、じっくり育てる意向を示した。
 山崎スカウトは「腕の振りのしなやかさ、回転のいい直球、多彩な変化球を操る指先の器用さという持ち味に...    
[記事全文]