サッカーJリーグの村井満チェアマン(56)が埼玉新聞の単独インタビューに応じ、埼玉のサッカー文化、31日に埼玉スタジアムで行われるヤマザキナビスコ・カップ決勝、導入1年目のJ1の2ステージ制などについて語った。

 川越市出身で浦和高を卒業。かつてはファンの一人として埼玉のサッカーを見守ってきた。埼玉には「町を挙げてサッカーを愛する文化がずっとあった」とし、浦和レッズや大宮アルディージャを筆頭に「もっともっと日本をけん引してほしい」と期待した。

 今でこそJの2クラブに象徴される埼玉のサッカー。それでも村井氏は地元で育ったサッカー人として過去から連綿と続く...    
[記事全文]