大相撲九州場所に向けて春日山部屋は26日、寄宿している佐賀市松原2丁目の佐嘉神社で土俵開きの神事を営んだ。春日山嵩昌(たかまさ)親方や力士ら30人が参列し、安全と力士の活躍を祈願した。春日山部屋が滞在する11月下旬まで、朝稽古を誰でも無料で見学できるほか、ちゃんこ鍋の振る舞いなどで市民と交流する。

 朝稽古は27日に始まり、毎日午前6時半から約2時間(27日は同7時ごろから)。稽古中の力士に話し掛けてはいけない。

 ちゃんこ鍋は28日から11月下旬まで午前7時ごろから、佐嘉神社で1杯300円で振る舞う。11月1日~23日の土曜と日曜・祝日は、午前11時か...    
[記事全文]