【グラスゴー(英国)=共同】リオデジャネイロ五輪予選を兼ねる世界選手権第4日は26日、英国のグラスゴーで男子予選の後半4班が行われ、団体総合で25日に演技した日本は6種目合計358・884点で6チームを残して暫定首位を守り、8位までに与えられる同五輪の出場権獲得が決まった。8チームで争う28日の決勝進出も確定した。

 7連覇を狙う中国が2位で、3位に英国が続いた。

 個人総合は内村航平(コナミスポーツク)が90・564点でトップを維持し、オレグ・ベルニアエフ(ウクライナ)が90・131点で2位、萱和磨(かや・かずま=順大)は88・431点で7位。種目別は...    
[記事全文]