鎌ケ谷で秋季練習が行われた26日、大谷翔平投手(21)が、キャッチボールやフリー打撃などで汗を流した。この日は都内で沢村賞の選考委員会が開かれ、広島の前田健太投手(27)が全会一致で選ばれた。候補に挙がったものの受賞を逃した大谷は、同賞の選考基準である登板試合数と投球回数を増やし、来季こそ栄誉を手にする。

 沢村賞は逃したが、悔しさはみじんもない。同賞の受賞者が発表される前に取材に応じた大谷は、「(賞を)獲りにいってる訳じゃないですし、獲れなかったからといって、今年残した成績の価値が下がる訳じゃない」と淡々。先発完投型の投手に贈られる同賞を受賞すれば、日本ハムでは200...    
[記事全文]