負けなしが続く。10月は3戦3勝。夏の陣の8月からJリーグと天皇杯2試合を加えると12戦不敗(Jリーグでは8勝2分け)。安定した守備を基盤とした戦いが目を引く。

 特徴的だったのが24日の川崎戦だ。第1ステージの開幕戦(3月7日)では1-3、ナビスコ杯予選リーグ(5月27日)では1-2。3度目の「神奈川ダービー」に雪辱の思いは強かったろう。

 ボール保持率の高い川崎の攻めをじっくりと受け止めた。持たせてもいい状況では深追いをせず、相手が「ここぞ」で送り込んでくるパスに対しては厳しい対応で決定的なチャンスを封じ込めた。

 守備ラインの中央を...    
[記事全文]