女子硬式野球の年間王者を決める大会「ジャパンカップ」の準決勝、決勝が25日、埼玉県営大宮球場であった。兵庫県の淡路島に拠点を置く「兵庫ディオーネ」がプロチームとの2試合を制し、日本一に輝いた。

 同大会にはプロ、アマ、学生などの11チームが出場。ディオーネは2試合連続コールドゲームで勝ち上がった。

 準決勝の京都フローラ戦は、2点のリードを許し迎えた最終回、2死満塁で太田あゆみ選手が適時打を放ち土壇場で同点に。試合終了となったが、規定により抽選で決勝進出を勝ち取った。

 決勝の相手は埼玉アストライア。勢いに乗るディオーネは一回、厚ヶ瀬美姫...    
[記事全文]