ボールを奪い、走り、シュートを決める。女子で26連覇と「頂点の歴史」にまた新たな一ページを刻んだ山形商。選手たちは粘り強い守備から速攻を繰り出す自分たちの戦いを貫き、連覇更新の重圧に打ち勝った。

 高橋仁監督は守備の集中力の高さを第一の勝因に挙げた。相手の山形中央も激しい守りを続けたが、上回ったのは山商。それに伴い、得点も積み増していった。しっかり守れるかどうかは勝利の生命線。「敵は自分たち自身」と語る指揮官は、「この集中力があれば全国でも勝利を挙げられる」と選手たちをほめた。

 だが本人たちに慢心は見られない。高橋監督が守りの要と語り、決勝ではポイント...    
[記事全文]