サッカーJ1・モンテディオ山形は24日の神戸戦(1―3)に敗れて年間順位16位以下が確定し、リーグ戦2試合を残して来季のJ2降格が決まった。クラブ目標であるJ1残留を果たせなかった要因を、各テーマで3回に分けて考える。(報道部・佐藤裕樹)

 J2の6位からJ1昇格プレーオフを制し、4年ぶりのJ1復帰となった今季。チームはキャンプからJ1残留を明確な目標に設定し、始動した。第1ステージ(S)は全18チーム中16位で折り返し。だが、対戦が一巡した第2Sは勝ちきれず、待望の白星は第1Sから数えて19試合ぶりだった。連勝がなく浮上の足掛かりをつかめなかった。

 ...    
[記事全文]