第2日は25日、郡山市の開成山野球場で3回戦があり、東北福祉大(仙台六大学1位)と富士大(北東北大学1位)が代表決定戦に進出した。
 東北福祉大は1死満塁から始まるタイブレークの延長十一回、6-4で東日本国際大(南東北大学1位)との接戦を制した。富士大は仙台大(仙台六大学2位)を7-0の七回コールドで下した。
 最終日の26日は、午後0時半から同球場で代表決定戦を行う。東北福祉大は4年ぶり、富士大は2年連続の明治神宮大会出場が懸かる。

◎延長で接戦を制す

 ▽3回戦
東北福祉大(仙台六大学1位) 000001001 [記事全文]