明治安田J2の第38節は25日、10試合を行った。20位のFC岐阜は、ホームの長良川競技場(岐阜市)で、千葉と対戦、1-0で4試合ぶりの勝ち点3を手にした。通算戦績は12勝6分け20敗とし、順位を17位に上げた。

 岐阜は前半、ロングボールを多用し、FWレオミネイロ、ジウシーニョを中心に攻勢に出た。36分には、バー直撃のヘディングシュートも浴びたが守り切った。

 後半37分、CKから、DF岡根が左足でネット右隅にシュートを突き刺し、先制。その後はDF高木を投入するなど、ゴール前を固め、完封勝ちした。

 また、その他の試合は首位の大宮が京都...    
[記事全文]