24日にわかさスタジアム京都で行われた、関西学生野球「同立戦」1回戦は立命大が4-2で同大に先勝した。

 ドラフトで巨人に1位指名された直後の試合で、貫禄の投球を見せた。立命大の桜井が「同立戦」で九回2失点の完投勝利。それでも右腕は「注目されて少し動揺した。試合に入れていなかった」と反省しきりだった。

 多くの人が集まり、通常は球場外でする準備運動を室内で行った。加えて、昨年の同立戦以来のナイターで「目が慣れず投球バランスが悪くなった」。初回、先頭打者に安打を許すと自らの失策も絡んで先制を許した。

 だが、三回以降は低めへの制球がさえ、1...    
[記事全文]