大相撲九州場所(11月8日初日、福岡国際センター)の新番付が26日発表され、御嶽海(本名・大道久司、木曽郡上松町出身、出羽海部屋)が十両から西前頭11枚目に上がり、新入幕を果たした。県内出身の幕内力士は、1976(昭和51)年11月の九州場所まで在位した佐久市出身の大鷲以来、39年ぶりの復活となった。

 御嶽海は、突き押しを武器にデビューから2場所目の5月の夏場所で十両昇進を決め、7月の名古屋場所は11勝4敗で新十両優勝。西十両5枚目で迎えた9月の秋場所は、12勝3敗で新入幕に前進した。秋場所後には「幕内で戦っていけるのか不安はあるが、胸を借りるつもりでやっていきたい」...    
[記事全文]