熊本の黒木がやぶれかぶれに放ったロングシュートが枠を外れ、試合終了の笛が鳴った。磐田が後半許したシュートはこの1本だけ。守備が最後まで破綻せず、2試合連続の完封劇を演じた。
 前半5分のジェイの先制点が安定感を生んだ。「精神的な余裕ができた」と名波監督。DF陣は強気に最終ラインを高く設定した。前線の選手も相手のパスコースを限定し、攻撃の選択肢を消した。
 好守から追加点が生まれた。後半26分、熊本の中盤にパスが入ったところを奪い、一気にゴールを陥れた。「うまく読めた。相手が前に出そうとしても出せないから、寄せる時間が生まれた」。ボールを奪って起点となった川辺もし...    
[記事全文]