(第1日、25日・西京極陸上競技場ほか)
 首位大宮は京都と2―2で引き分け、4戦勝ちなしで勝ち点76とした。2位磐田は熊本に2―0で勝ち、8戦負けなしで勝ち点72。3位福岡は徳島に3―0で快勝。3連勝で勝ち点を70に伸ばした。

 前半8分に先制点を許した大宮は、同26分にムルジャのゴールで同点。後半10分に勝ち越されたが、同20分に家長が得点を決め、再び追い付いた。

■光った個人技10点目/家長

 頼りになるのはエースの個人技。後半20分、渡辺の右CKの混戦を巧みなボールさばきで隙間を縫い、「シュートコースが見えていた」とネ...    
[記事全文]