女子相撲国内最大級の大会「第20回全日本女子相撲選手権大会」(18日、愛媛県)で、小学6年生50キロ未満級の福里愛美さん(焼津西小)、中学生重量級の渡辺七海さん(三島南中3)、一般軽量級の山中未久さん(静岡商高出、立命館大)が優勝するなど出場した県勢全8人が4位までの上位入賞を果たす好結果を残した。
 全国の小学生から一般まで187人が出場。県内からは小学生3人、中学生4人、一般1人が臨んだ。福里さんはスピードとパワーで相手を圧倒して3度目の頂点。渡辺さんは妹の愛海さん(三島南中2)との決勝を制して初優勝を飾り、山中さんは力強い相撲で2年ぶり5度目の優勝に輝いた。
[記事全文]