【福岡市で運動部・斎藤孟】SMBC日本シリーズ2015は25日、ヤフオクドームで第2戦が行われ、2年連続7度目の日本一を狙うソフトバンク(パ・リーグ優勝)がヤクルト(セ・リーグ優勝)に4―0で快勝して2連勝を飾った。

 ヤクルト打線は沈黙したまま福岡を後にした。「神宮に帰る前に五分に戻したい。とにかく1点でも多く、泥臭く」と気合を入れた畠山も無安打に終わり連敗を喫した。

 チャンスが回ってきた四回。右前打の山田哲人が盗塁し2死二塁の先制機を迎えたが、2ボール2ストライクからの6球目のカーブにバットが空を切った。

 直後に相手4番李大浩に先...    
[記事全文]