「空手」の発祥地・沖縄の発信力を高めるため、「空手の日」の25日、那覇市ぶんかテンブス館前広場や国際通りで「空手の日記念演武祭」(主催・沖縄伝統空手道振興会、県、県議会)が開かれた。

第1部は、ぶんかテンブス館前広場のステージで各流派や古武道の空手家が熟練の技を演武し、第2部では初めて国際通りで2千人超が一斉に基本形「普及形I」を披露した。2020年東京五輪の追加種目に提案されることが決定してからは初めての開催。
 「普及形I」の演武後、国際通りを四つの区域に分けて各団体がそれぞれ形やトンファー、ヌンチャクなどの演武を披露し、沿道の空手ファンや観光客らを魅了...    
[記事全文]