サッカーJ2は25日、西京極陸上競技場などで11試合を行った。京都サンガFCは2-2で大宮と引き分けて9戦連続ドローとなり、J2連続引き分け記録を更新した。勝ち点は41で8位以下が確定し、3~6位によるJ1昇格プレーオフ進出が絶たれ、今季の昇格はなくなった。順位も19位に落ちた。

 サンガは組織で崩したが、個の力で振り出しに戻された。前半8分、駒井の左クロスを遠いサイドで山瀬が右足ボレーで合わせ先制したが、26分、ムルジャに決められた。後半10分、宮吉の左クロスに伊藤が合わせて勝ち越したが、20分にCKから家長(長岡京市出身)に追いつかれた。

 大宮は勝...    
[記事全文]