サッカーの第94回全国高校選手権県2次予選第4日は24日、日大藤沢高などで準々決勝4試合が行われ、日大藤沢、桐光学園、湘南工大付、東がベスト4入りを決めた。2連覇を狙う日大藤沢はFW蛭田悠弥(3年)の先制ゴールなどで前半に3得点し、3-2で向上を振り切った。2年ぶりの優勝を目指す桐光学園は延長後半4分にFW小川航基(同)が決勝点を奪い、1-0で桐蔭学園に競り勝った。湘南工大付はFW齋藤拓人(同)が2得点を挙げ、2-1で前回準優勝の厚木北に逆転勝ちした。4強入りは相模工大付時代に準優勝した1987年以来、28年ぶり。東はFW小山瑶介(同)が決勝ゴールを決め、湘南を1-0で下した。第5日は...    
[記事全文]