胸のすくような勝利で新生・パスラボ山形ワイヴァンズの力を見せつけた。今季の滑り出しは、昨季5位の大塚商会(東京)を相手に33点差をつける会心のゲーム。主将のセンターフォワード加納誠也は「これからにつ...    
<ノアドットで記事全文を読む>