J1仙台は24日、U-17(17歳以下)とU-18(18歳以下)の日本代表で、ユース所属のMF佐々木匠(17)=宮城・東北学院榴ケ岡高3年=の来季昇格を内定したと発表した。
 佐々木は仙台市出身。165センチ、58キロ。ユースに所属しながらJリーグの公式戦に出場できる2種登録を、高校2年で受けた。U-17日本代表では、背番号10の主将として活躍。6月に中国で開かれた国際大会「パンダカップ」にはU-18日本代表の一員として出場し、最優秀選手に選ばれた。
 佐々木はクラブを通じ、「ベガルタ仙台に入ることは夢だった。3歳からお世話になったこのクラブで、世界で活躍できる...    
[記事全文]