9月に嬉野市体育館で開かれた2015年日本ベテランズ国際柔道大会で、佐賀市の佐賀商高OBでつくるチームが初出場で頂点に立った。国内外から25チームが参加した中でつかんだ「世界一」の栄冠。江口多壽美監督は「マスターズで優勝するのは初めてのこと。在校生にも刺激を与えることができた」と胸を張った。

 「後輩たちにいい刺激を与えられれば」。コーチを務めた川原栄一さんが発起人となり、今年に入ってからメンバーを集めた。70代の選手こそいなかったが、5月末にメンバーが決定。5人で競う団体戦に、教員や自営業、警察官と職業が異なる4選手で挑んだ。

 決勝までの4試合全てで...    
[記事全文]