第68回全日本バレーボール高校選手権県代表決定戦の男女決勝が24日、利府町のセキスイハイムスーパーアリーナであり、男子は仙台商、女子は古川学園が優勝した。仙台商は3年連続4度目、古川学園は11年連続36度目の全国大会出場。
 男子の仙台商は3-0で、各セットの終盤で粘る東北を退けた。女子の古川学園は3-0で利府に快勝した。全国大会は来年1月5日から東京体育館で行われる。

 ▽男子決勝

仙台商 3/25-22/0 東北
      25-20
      25-22
 ▽女子決勝

古川学園 3...    
[記事全文]