第94回全国高校サッカー選手権大会栃木大会第3日は24日、真岡市総合運動公園陸上競技場ほかで準々決勝を行った。全国高校総体(インターハイ)県予選を制した佐野日大が0-1で真岡に惜敗。3連覇が懸かる矢板中央は6-0で足工大付を下し、小山南、宇工も4強入りした。

 強豪校同士が激突した真岡-佐野日大は前半18分、真岡がFW神山皓亮(かみやまこうすけ)のシュートで先制。その後は佐野日大が反撃に出たが、真岡が堅い守備でしのぎきった。

 矢板中央は、長身FW森本(もりもと)ヒマンの2得点などで圧勝。小山南はMF谷中亮太(やなかりょうた)が決勝点を挙げ、2-1で宇短...    
[記事全文]