第94回全国高校サッカー選手権青森県大会は24日、県総合運動公園陸上競技場で決勝を行った。青森山田が1―0で八学光星に辛勝し、19年連続21度目の優勝を果たした。青森山田は12月30日開幕の全国大会に出場する。青森山田は前半、ロングパスなどで得点を狙ったが、光星の粘り強い守備に苦しんだ。後半2分、田中優勢からパスを受けた鳴海彰人が振り向きざまに右足で得点し、これが決勝点となった。光星は鋭いカウンター攻撃などで何度もゴールに迫りながら、GKの好セーブに阻まれた。

 全国大会の組み合わせ抽選会は11月16日。

...    
[記事全文]