サッカーJ1仙台は、渡辺晋監督(42)に来季の続投を要請する方針を固めたもようだ。11月の第2ステージ終了後、正式に要請する。チームは24日、リーグ戦の試合がなかったが、J2降格をめぐる他チームの勝敗により来季のJ1残留を決めた。
 渡辺監督は今季、多くの主力が去り戦力の低下が懸念されながら、MF奥埜博亮、MF金眠泰ら若手を積極的に起用し主戦に育て上げた。リーグ戦もFWウイルソンら主力が相次いで故障離脱に見舞われたものの、第1ステージ7位と好成績を収めた。年間勝ち点こそ目標の「50」に届かなかったが、選手層を大幅に若返らせ、基礎力向上に努めた。
 西川善久社長は...    
[記事全文]