関西学生野球は24日、わかさスタジアム京都で1回戦2試合を行った。「同立戦」の1回戦は立命大が4-2で同大に先勝した。関大は5-0で関学大に完封勝ち。関大のエース石田光(4年、近江)が今季6勝目を挙げ、通算30勝を達成した。同リーグの30勝投手は1990年秋の長谷川滋利(立命大)以来でリーグ10人目(旧リーグを含む)。

 すでに優勝を決めている立命大は、巨人からドラフト1位指名を受けた桜井(4年、北須磨)が九回2失点で完投し、今季7勝目を挙げた。立命大はすべてのチームから勝ち点を挙げる「完全優勝」へあと1勝とした。同大は3点を追う九回に白水(3年、大阪桐蔭)の右前打で1...    
[記事全文]