九月のレスリング世界選手権53キロ級で優勝し、前人未到の世界大会十六連覇を達成した吉田沙保里選手(33)=津市一志町出身=と同69キロ級で三位入賞した土性沙羅選手(21)=松阪市出身=が二十四日、一志町で結果報告会を兼ねたトークショーに出席した。

 吉田選手は「研究もされている中で勝ち切れた。ほっとしている」と心境を吐露。交流のある新婚の女子サッカー澤穂希選手(37)からビデオメッセージが流されると「私も結婚し、母に孫を抱かせてあげたい。まずは彼氏」と話し、笑いを誘った。土性選手は「五輪がかかっており、人生で一番緊張した試合」と振り返った。

 二人は十二...    
[記事全文]