スピードスケートの全日本距離別選手権第2日は24日、長野市エムウェーブで行われ、女子500メートルは昨季ワールドカップ(W杯)総合優勝の小平奈緒(相沢病院)が2年ぶり6度目の優勝を果たした。小平は1回目で38秒712の3位と出遅れたが、2回目を38秒308で滑り合計1分17秒020で制した。

 1回目トップの神谷衣理那(高堂建設)が合計1分17秒082で2位、辻麻希(開西病院)が3位、住吉都(ローソン・信大出)が4位だった。

 女子3000メートルは菊池彩花(富士急・佐久長聖高出)が4分8秒88で初優勝し、高木菜那(日本電産サンキョー)が2位。

...    
[記事全文]