ラグビーワールドカップ(W杯)イングランド大会の日本代表選手のうち、府中市を拠点にする東芝ブレイブルーパスと、サントリーサンゴリアスに所属する選手による報告会が二十四日、同市のけやき並木通りであった=写真。四千人の市民らが「夢をありがとう」と、選手らをねぎらった。

 市主催で、東芝から日本代表キャプテンを務めたリーチ・マイケル選手や三上正貴、湯原祐希、大野均、広瀬俊朗各選手、サントリーから畠山健介、真壁伸弥、日和佐篤、小野晃征各選手が参加。三勝一敗の好成績に、「皆さんの応援が力になった」と感謝した。

 南アフリカ代表戦の終了間際、相手の反則を受けて逆転ト...    
[記事全文]