日本代表の若きアタッカーとして、ワールドカップ(W杯)で大活躍したNECの古賀紗理那は、幼少期を神埼郡の旧三田川町で過ごした。会場では、佐賀県ゆかりのスーパールーキーにも視線が集まり、強力なスパイク...    
<ノアドットで記事全文を読む>