サガン鳥栖のJ1残留が24日、決まった。緑色に染まったアウェーの松本平広域公園総合球技場(長野県)で逆転勝ちを収め、佐賀から遠征したり、地元パブリックビューイングで声援を送ったりしたサガンティーノたちは沸き返った。残り2試合という瀬戸際での残留確定に安どし、「やっと決めてくれた。来季もJ1のサガンが見られる」「死ぬまでついていくぞ」。5年目への切符をつかんだイレブンをたたえた。

 年間14位のサガンは勝ち点差6で16位松本山雅との直接対決を迎えた。敵地ながら1千人がサガンブルーで陣取り、声をからした。

 後半守備のミスからPKで先行されるも、鳥栖は途中出...    
[記事全文]