第2ステージは本拠地で勝利を挙げることができなかった。清水はホーム最終戦で柏に0―3と完敗。試合後の田坂監督のあいさつは、スタンドからの罵声でかき消された。
 言いたかったことも言えず、指揮官はあいさつを途中で打ち切った。試合前、会場でボランティア活動をする団体から送られたメッセージ映像を選手に見せた話をする予定だった。「映像から魂を感じた。われわれは、魂の火が弱いと感じた」。降格が決まり重圧がなくなった試合でも、戦意すら示せなかった。
 日本人選手主体の若いメンバーで臨んだ。ユース出身で新人の北川がリーグ戦初、石毛が第2ステージ開幕戦以来の先発出場。「清水のサ...    
[記事全文]