2連敗で3戦勝ちなしのJ2首位大宮は25日、アウェーで18位京都と争う(13時・西京極)。2位磐田が勝ち点差6に迫り、渋谷監督は「プレッシャーを力に変えたい」とし、「攻撃は仕留める、守備は守り切ると(勝負)際のところで、しっかりプレーしたい」と足踏み状態からの脱出を目指した。

 チームは前日の24日、高木サッカー場で守備のセットプレーなどで最終調整。主力組のGKは加藤が務め、6試合ぶり先発の可能性が高まった。出場停止明けの横山も入り、このほかのメンバーは前節徳島戦と同じ顔触れだった。

 京都は8戦連続引き分け中。渋谷監督は「勝てていないがチームとして、す...    
[記事全文]