明治安田J1第2ステージ第15節は24日、味の素スタジアムなどで8試合が行われ、浦和はアウェーでFC東京と打ち合いの末、4―3で競り勝ち、3試合ぶりの勝利を挙げた。残り2試合でステージ首位の広島との勝ち点差が7のままで、優勝の可能性は消滅。年間勝ち点は首位広島と68で並び、3位FC東京との差が9に開いたため、2位以上が確定した。

 浦和は前半11分、柏木が先制。14分には武藤が決めた。1点を失った後の27分には関根が得点。後半17分には槙野が4点目を入れた。最後は1点差とされたが逃げ切った。

 次週はJ1の試合がなく、浦和は第16節の11月7日、ホームで...    
[記事全文]