ヤクルトは一回の先制機を逃したことで、自ら武田攻略のハードルを一気に上げてしまった。相手の立ち上がりに畳み掛けるのが今季のセ・リーグ王者の真骨頂。真中監督は「初回のチャンスで一本出ていれば(展開が)変わったかな」と嘆いた。

 1死から川端が内角低めの直球を巧みに中前へはじき返した。山田は倒れたが、畠山が甘く来たスライダーを逆らわずに右前へ運び一、三塁と好機を広げた。しかし、雄平が内寄りの直球に詰まらされ二ゴロ。無得点に終わると、この後は八回1死からの大引の当たり損ねの内野安打まで無安打が続いた。

 落差のあるカーブは武田の宝刀。だが、この日はそれよりも1...    
[記事全文]