「躍動と歓喜、そして絆」をスローガンに第15回全国障害者スポーツ大会(紀の国わかやま大会)が24日、和歌山県紀三井寺公園陸上競技場で始まった。全国から集まった約3200人の選手が26日まで和歌山県内各地の会場で日頃の成果を競い、交流を深める。県勢は9競技に67人が参加する。

 開会式に参加した県選手団は温かい拍手の中、旗手の陸上100メートルの新崎祥太選手を先頭に会場に入場した。

...    
[記事全文]