今年夏に米国で開かれた知的障害者の世界的なスポーツ大会「スペシャルオリンピックス」に日本代表として出場し、バドミントン競技で三つのメダルを獲得した南高太郎さん(17)=野洲市=が23日、大津市の県庁を訪れ、成績を報告した。

 大会はロサンゼルスで7月25日から8月2日まであった。南さんは愛知高等養護学校3年。個人と混合ダブルスで銀、ダブルスで銅メダルに輝いた。

 南さんは首にメダルをかけて大会を振り返り、「ご声援ありがとうございました」と笑顔をみせた。三日月大造知事は「南君の活躍を聞いて、私も頑張ろうと思う人が増えるはず」と、たたえた。

...    
[記事全文]