二〇二〇年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムに建て替えられる国立競技場(東京都新宿区)を取り壊す一連の工事が二十三日に完了し、一面の更地になった。管理・運営する日本スポーツ振興センター(JSC)が明らかにした。かつての日本スポーツ界の「聖地」は雑草で覆われ、新競技場の着工の日を待つ。

 JSCによると、建物本体の解体は六月までに終わり、その後はがれきや下水管などの周辺設備の撤去や、粉じん対策などを行っていた。

 新競技場の計画は総工費の膨張に批判が高まり白紙撤回された。JSCは設計・施工業者を年末に決定し、二〇年一月の完成を目指して急ピッチで作...    
[記事全文]