24日、守山市のビッグレイクなどで開幕する。50チームが出場し、全国高校総体(インターハイ)滋賀県予選の8強がシードされ、2回戦から登場する。

 優勝争いは、インターハイ予選を制し本大会でも16強入りした草津東を軸に展開されそうだ。同じブロックに入った野洲は、高円宮杯U-18リーグ滋賀で9月に草津東と引き分け、優勝を決めた。高い個人技とパスワークで3年ぶりの頂点を狙う。

 同予選で草津東に敗れ準優勝だった守山は持ち味の縦に速いサッカーで雪辱を期す。2年前に優勝した綾羽のほか、水口や水口東、比叡山も力がある。

 決勝は11月14日午後0時...    
[記事全文]