ロッテからドラフト1位指名された仙台育英高の平沢大河内野手は23日、多賀城市の同校多賀城校舎で伊東勤監督、松本尚樹編成統括らから指名あいさつを受けた。
 平沢は同高野球部の佐々木順一朗監督、両親らとともに球団側から指名のいきさつやチームの現状について説明を受けた。席上、22日のドラフト会議で伊東監督が引き当てた交渉権獲得を示す札を受け取った。
 平沢は懇談後の記者会見で「伊東監督から練習は厳しいと聞いたので、(入団までに)しっかり鍛えたい」と語った。入団後の目標として「全てにおいてレベルアップし、走攻守でチームに貢献できる選手になる」と掲げた。
 ...    
[記事全文]