福井県内唯一のスケート場、敦賀市のニューサンピア敦賀「アイスアリーナ」が24日、今季の営業を始める。23日には冷え込む場内で担当者が白い息を吐きながら整氷車でお湯をまいて、氷をピカピカにする総仕上げ。県内外の愛好者を迎える準備を整えた。

 アイスアリーナは縦60メートル横30メートルの大きさで、北陸3県で唯一の公式競技対応施設。リンクに敷かれた無数のパイプにマイナス10度の不凍液を流し、ホースで井戸水を霧状にまいて、約7センチまで少しずつ氷を厚くする。

 「一度に厚い氷を造るともろくなる。刀鍛冶のように繰り返し作業する」と担当の山田哲生営業主任(61)...    
[記事全文]